読書

ノウハウって本で読む必要ある?ノウハウの部分だけ教えろよ!

Pocket
LINEで送る

こんちには、つーさんこと津山です。

 

本日は、『スタンフォード式最高の睡眠』という本を読んで感じたことを話していきます。

 

しかし、この本の内容について述べるのではありません。

 

こういった睡眠の方法を学べるような「ノウハウを知る本」をなぜ読む必要があるのかについて話していきます。

 

僕は以前からこう考えていました。

 

「良質な睡眠についての本なら、良質な睡眠についての方法だけを5分くらいで簡潔にまとめてくれたらええやん」

 

と。

 

今回この本を読んでみて、「ああ、ちゃんと一冊読むことで得られることがあるんだ」と思えました。

 

読書の意味

今回読んだ本は「最高の睡眠」についてをテーマにしていて、

 

・睡眠についての研究に基づく正しい知識

・睡眠する理由

・睡眠の最初の90分の重要性

・最高の睡眠方法

・睡眠のための覚醒時の行動

・睡眠の補足知識

 

についてを述べています。

 

最初で述べた意見を言うと、僕の場合この本でいうところの「睡眠の方法」のところだけ教えてくれれば良いじゃんと思っていたわけです。

 

ですが、それは誤りだと思います。

 

この本では睡眠の方法までを語るところに書いているのが、睡眠の理論的な背景や知識です。

 

その背景や知識を知る目的とは・・?

 

実践するのには、その意味を「知っているか」「知らないか」で、実践の効率が変わるということです。

 

自分がちゃんと論理的に「納得」した状態で実践していくことで、「意味があるんだ」と感じることができます。

 

また、仮に方法だけを「こうすると、睡眠の質が上がるらしい」「これをやると朝スッキリ起きられるよ」というように伝えられて、

 

「よしじゃあそうしよう」と、その日から毎日実践して「君に言われたあの日からずっとそうしています」という人というのは少ないでしょう。

 

この世の中にはテレビや雑誌、ユーチューブ、漫画などの正しいかどうかよくわからない断片的な情報がたくさんばらまかれています。

 

そういう情報というのは、体系的ではありません。

 

1冊の本に書かれている内容というのは、完結していて体系的です。しっかりと最初から最後までまとまった知識をあなたに提供してくれます。

 

それによって本からの情報はあなたの行動の部分までをしっかりとサポートしてくれます。

 

忘れればまた読み返せば良いですしね。

 

まとめると、「効率」と「継続」の二つの観点からしっかりと背景知識を理解してから実践方法を学ぶということは大きな意味を持ちます。

 

また、小手先のテクニックだけを知るんじゃなく、背景を知ることによって応用を利かせることができます。

 

それはどういうことかというと、「ツイッターで儲ける方法を教えます」というような話があっても、それは危険だということです。

 

根本的に儲けるための背景からしっかりと理解できれば、それはツイッター以外でも応用が効くかもしれませんが、

 

小手先の方法だけを知っても、ツイッターがなくなった途端に破綻します。

 

知識を吸収するときには、その背景や理論も大切にした方が結局は後々の自分を救うということですね。

 

どんどん本を読んで知識を吸収しまくろー!

 

 

短めの記事でしたが、お付き合いいただきありがとうございました!

 

追伸

 

読書の方法について以下の記事で述べています!

興味のある方はぜひぜひ〜

https://colonika005.net/2018/11/08/post-294/